BLOG

秋津でオイルマッサージなら北口駅前のふらっとへ その12

2018/10/14
ロゴ

こんにちわ

秋津でお安くオイルマッサージをやってます、ほぐし処ふらっとです。

 

ここ数日の気候のせいか、体調を崩してしまいました。急に寒くなったりしたので、皆様もお気をつけください。

 

なかなか肩こりが良くならない、肩こりを感じやすい方は、もしかすると目を酷使し過ぎているのかもしれません。
マッサージを受けたり薬を飲んでも肩こりが良くならない時は、目の疲れを気にしてみる必要があるかもしれません。

 

眼精疲労は、目を酷使することで起こります。
長時間のデスクワーク、スマホの使い過ぎ、細かい作業など、原因になりうることは沢山あります。目の疲れを感じる前に、適度な休憩をとるようにするといいでしょう。


たかが目の疲れと放置しておくと自律神経の乱れにつながり、目の奥にある筋肉が疲労すると、自律神経にも影響を与えてしまうのです。
 

ではなぜ目が疲れると肩こりがおこるのでしょう。

肩こりの原因の1つは血行不良ですが、その大きな要因は運動不足と考えられており、首・肩などを長い時間同じ姿勢のまま固定していると、肩周りの血行が悪くなります。血行が悪くなると、筋肉に酸素や栄養素が行き渡りにくい状態となってしいます。

血流は老廃物を排出する役目を持っているため、血行が悪くなるとヒトの体は様々な不具合が起こるようになります。肩こりもそのうちの1つですね。

 

眼精疲労と肩こりは大きな関係性を持っていて目の疲れを感じやすい人は、肩こりにもなりやすい傾向があります。


目を酷使し過ぎたことで自律神経が乱れると、交感神経のはたらきが優位になって、筋肉が緊張状態となり血行不良を招く原因となるため、注意が必要です。
肩こりを解消するためには、目を酷使しすぎないことを意識しましょう。

 

どうしても目が疲れて辛い時は首から後頭部に向かった境目の辺りに「風池」と呼ばれるツボがあるので、そこを自分で押してみたり、首にホットタオルを当てることで血行を促してあげると、辛さが緩和できると思うので試してみてください。